エントリー2019年卒応募はコチラ!

会社を知る教育・研修Study

プロネッツが考える
将来を見据えた研修プログラムで
魅力的なキャリアステップを歩む。

プロネッツでは入社後に実施される新人研修や、その後の能力の向上を目指すために、さまざまな研修や教育支援を行っています。研修を通じて習得した知識や技術を実際の業務に生かすことで、将来のキャリアステップを目指します。

新人研修

社内・社外のマナーや自己管理など、社会人の基礎となるビジネスマナーや一般教養、業務に必要なプログラミングの基礎から実際にソフトウェアの開発までの開発技術など、専任講師のもと、しっかりと学んでいきます。

新人研修で学ぶ内容

新人研修から配属までの流れ

  • 1週間
    ビジネスマナー研修

    ビジネスマナーや一般教養・業務進行、社会人としての心構えなどを学習します。

  • 3週間
    ソフトウェア開発基礎研修

    ソフトウェア開発の流れや専門技術など、ソフトウェア開発に必要な基礎知識について学習します。

  • 9週間
    C言語研修

    C言語の基礎知識の習得や、実際にC言語による簡単なソフトウェアの開発を行います。

  • 配属
    配属先にてマンツーマンでのOJT研修

    実際の業務を行います。

教育研修

ヒューマンスキル、テクニカルスキル、マネジメントスキルの3つのスキルの向上を目指し、さまざまな研修を開催しています。社会の流れや受講者のニーズに合わせて、新しい研修を随時開催し、教育の充実化を図っています。

ヒューマンスキル編

社会人に必要な、さまざまな基礎スキルの習得・向上を目指す研修です。

主な研修内容

職場環境で求められるコミュニケーションスキル・課題解決能力を学ぶ、“ヒューマンスキル研修”、業務経験を積んだ若手社員を中心に、日々のフィードバックや自己分析を行い、自己認識を深めると共に、自己成長できる若手社員の育成を目指す“フォローアップ研修”などを行います。

テクニカルスキル編

ソフトウェアやシステムの開発上、必須となってくるテクニカルスキルの向上を目指し、受講者のレベルに合わせて受講できる研修です。

主な研修内容

ソフトウェア開発を通じて、グループ演習やディスカッション形式など、設計の考え方やソフトウェアの品質向上について、理解を深める“ソフトウェア開発研修”や、Javaの基礎から設計・実装方法まで幅広い内容を、受講者のレベルに合わせて受講できる“Javaプログラミング研修”を行っています。

マネジメントスキル編

業務の進行に必要なマネジメントスキルの向上を図る研修です。

主な研修内容

プロジェクト運営を行う上で必要な、進行管理や品質の管理・向上、リスクマネジメントなど、管理者・技術者それぞれの視点で必要なマネジメントスキルの習得を行う“プロジェクトマネジメント研修”を行っています。

レベルアップ支援

プロネッツでは、テクニカルスキルやコミュニケーション能力の向上を図りたい社員に向けたレベルアップ支援を行い、次代のプロフェッショナルの育成を推進しています。

資格取得支援

社員のレベルアップ支援の一環として、専門技術や語学試験の受講を支援しています。取得資格に合わせて、受験対策講座や勉強会等を開催し、知識の向上や受講者同士の知識の共有を図っています。

  • 情報処理技術者試験

    情報技術の背景として知るべき原理や基礎となる技能について、幅広い知識や技能を総合的に評価し、一定以上の水準であることを認定する国家試験です。

  • LPIC

    LPICは、ベンダー・メーカーに依存しない、世界規模で実施されている世界最大のLinux技術者認定資格です。

  • シスコ技術者認定資格
    (CCNA、CCNP など)

    情報技術の背景として知るべき原理や基礎となる技能について、幅広い知識や技能を総合的に評価し、一定以上の水準であることを認定する国家試験です。

  • 国際コミュニケーション
    英語能力テスト(TOEIC)

    英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通の能力評価試験です。

  • 中国語検定試験

    中国語によるコミュニケーション能力を評価する能力評価試験です。



募集要項・エントリー2019年度採用情報公開中!