プロネッツ2021採用サイト

Entry

プロネッツ2021採用サイト

Entry

Service 01

モバイル
ネットワーク事業Mobile Network

事業概要

ライフラインである携帯電話・スマートフォンの通信ネットワークの開発を行っております。「つながる・つなげる」があたりまえの高品質なシステムを社会に提供し続け、5G・AI・IoT時代において、更なる魅力的なサービスの提案・開発にも取り組んでまいります。

長尾 春樹

紹介する人

長尾 春樹

Haruki Nagao

Dept .
モバイルネットワーク事業部
Post .
マネージャー

最先端の技術を”つくりだす”現場。
通信インフラを支えている技術者集団。

電気、水道、ガスと並んで、いまや生活に欠かせないインフラとなった通信システム。モバイルネットワーク事業は、携帯電話の通信システム開発において、企画、設計、仕様といった上流工程から、導入前の試験、そしてメンテナンスまで、通信キャリアや装置メーカーと連携しながら取り組んでいます。3G、4G、5Gといったらピンとくる人も多いかと思いますが、ほとんどの人が持っている携帯電話の音声通話、データ通信、衛星通信サービスのシステムに関わっています。つまり、私たちが日常的に何気なく使っているスマホがあたりまえに機能する状態をつくりだし、さらにより便利につながるために開発を重ねている事業部なのです。

開発と連携したものづくりを通して、
社会に、生活に、新しい価値を。

2020年に商用化される5Gの開発案件もあり、世の中に出る一歩手前の最先端の技術にふれることができ、新サービス、新商品の開発に関われることがモバイルネットワーク事業の魅力といえます。5Gが商用化されれば、遠隔医療の実現やコネクティッドカー(自動運転)など、全く新しいサービスが今後出てくると考えられます。新しいことに関われることが、やりがいにもつながる現場で、その知識や技術をチームで共有しながら一丸となれます。さらに、プロネッツにはソフトウェアやアプリなど、ものづくりに取り組む事業部があるので、社内でのやりとりの中で、今までに無かった新しい価値を開発に取り組むことも夢の話ではありません。

PICKUP PROJECT

ネットワーク
仮想化技術の商用化

ネットワーク仮想化技術とは、ネットワークの各要素をソフトウェアで制御することで、専用の機器(ハード)を物理的に配置することなく、汎用ハードで共有可能なシステムを構築し、コスト削減を実現するものです。現在では幅広く活用され、知っている人も多いかと思いますが、モバイルネットワーク事業はこのネットワーク仮想化の商用化において数年前から着手。システムテストの業務や商用運用支援業務などをキャリア、メーカーと連携して手がけていました。当時は、全くの新技術でノウハウのない中、メーカーと協議しながら進めていったので苦労の連続でしたが、結果的に自社のノウハウとして蓄積することができました。目標でもある今後の新システムやサービスの提案・開発といったマネジメントビジネス開拓につながるノウハウだと確信しています。

Business
01
モバイルネットワーク事業

モバイルネットワーク事業Mobile Network

Business
02
サービス&プロダクト事業

サービス&プロダクト事業Services & Products

Business
03
ネットワークサービス運営事業

ネットワークサービス運営事業Network Service Management

人と仕事に
コネクトする

Persons & Works